更新履歴・お知らせ

  • 1/28
    ,2018
    公開
    第76回全国大会のウェブサイトを公開しました。

大会開催日程

  • 場所:北海道情報大学
    (〒069-0832 北海道江別市西野幌59-2)
  • 開催日時:2018年6月2日~6月3日

理事会日程

  • 場所:北海道情報大学
    (〒069-0832 北海道江別市西野幌59-2)
  • 開催日時: 2018年6月1日 
    ※時間は後日お知らせいたします

開催趣意

統一論題

「食と健康・IoTとAIによる地域創生・イノベーション」

AI(人工知能)が学問上のトピックとして注目された年が2017年であった.このキーワードは学問領域のみならず,一般メディア・報道においても取り上げられ, AI搭載ホームスピーカ,自走式自動車,医療分野においての応用サービスなどの産業に与えるインパクトの大きさやAI参入による職種の変化など様々な視点で市井の耳目も集めることとなった.また人工知能の応用(アプリケーション・サービス)のローンチスピードの速さも注目の要因となった.

IoTをデータの入口とし,クラウド上に集約されるビッグデータの利活用に関しては日本においても大きく具体化が進んでいる.先述のAIの応用分野の一つは「ビッグデータ」とされ,この解析に大きな役割を果たすことを期待されている.他の側面ではビッグデータ利活用の推進とプライバシー保護を目的とした改正個人情報保護法が2017年5月に施行され,ビッグデータ利活用を目論む事業体は新たな対応局面を迎えている.

このような現状を背景とし日本情報経営学会第76回全国大会が開催される.開催地,北海道地域ならではの先進事例である「食と健康と情報」「AI,IoT,メディア産業」分野の基調講演・特別講演・統一論題特別シンポジウムによって,地域創生・イノベーションに資するIT,IoT,AIのありようを描き出す講演が予定されるほか,特定自由論題,自由論題でも活発な議論が展開される.

本大会で掲げた「食と健康・IoTとAIによる地域創生・イノベーション」が学会はもとより産業界,行政・地方公共団体に大きな輪を拡げ,産学官の連携の推進に貢献しうることを切に希望する.

2018年1月吉日
日本情報経営学会第76回全国大会
実行委員長  向原 強
(北海道情報大学)